早期治療

大き目の病院

癌というのは転移する可能性があります。
初期段階では転移する可能性は低いですけど、癌細胞がどんどん大きくなって成長していくとそれが他の臓器にうつってしまう可能性があります。
そうなると例えば肺に出きた癌が他の臓器にまで及んでしまって、胃がんや肝臓癌など他の所もおかされてしまう事になります。
ですのでこれを防止しなければいけないです。
転移してしまいますと、治療が困難になってしまい、完治率も下がってしまいます。
しかし、そうなる前ですと、完治率も上がってきます。
そこで、大事になってくるのが、早期発見するという事です。
早期発見して、早期に治療をする事ができれば、転移する前にきちんと治療をして、完治させる可能性を上げる事ができるのです。
早期発見するためには、定期的に健康診断などを受けるようにします。
出来る限り年1回くらいは、細かいさまざまな臓器の検診を受けるようにします。
そうする事で早期発見する事ができて、転移するまえに治療する事ができます。

複数の検診

医療技術が進歩し、癌は早期発見ができれば今では死に繋がる病気ではなくなってきました。
検診技術も複数あり、古くからあるレントゲンを始め、PET検診、MRI、生化学、超音波などがあります。
それぞれの検査方法には得意不得意があります。
1つの検診方法で見つからなかった癌が別の方法では見つけられることもあるのです。
例えばPET検診は薬剤を打ち、投影することで癌を発見する方法です。
レントゲンに比べると非常に小さい初期の癌も発見ができ、全身を一度にチェックできるので、広がり具合や進行度もわかります。
ただ糖尿病を持っている方や、糖を多く消費する臓器の癌は正常なものと見分けが難しいです。
MRIでは長時間撮影するので、胃や腸などの動く臓器の発見は適さないと言われています。
早期発見をすればそれだけ転移の可能性が低くなり、生存率にも関わってきます。
すい臓のように自覚症状がほとんど出ない臓器もあります。
自覚症状が出て病院へ行くのは当然ですが、早期発見のために、症状がなくても定期的に複数の手段の検診を受けると良いです。
癌が発見された場合の治療方法は大きくわけて3種類あります。
外科的治療、放射線治療、化学治療です。
転移する前の初期の段階であれば、ほぼ100%完治が可能となっています。
外科技術も発達し、昔は開胸をして切除していましたが、今では小さい穴から道具を入れて切除することも可能なので、治療後の患者の負担も大きく下がっています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031